トップページ / お知らせ
お知らせ

平成28年2月     迅速液管理を開始

平成27年1月     リスクアセスメントの義務化を支援

2014年の労働安全衛生法の改正に伴い、2016年6月までに切削油剤などの化学品のリスクアセスメントの義務化が実施されます。水系切削油剤のリスクアセスメントに関する情報を提供しました。

平成26年8月1日     報文掲載

8月1日発行、機械と工具、2014年8月号の特集『現場を変える環境と将来の方向性』に、弊社社長安井による報文[水系切削油剤の実際と将来の方向性―生産効率の向上と環境・安全性の両立の実現―]が掲載されています。  内容にご興味を持たれた方はご連絡頂ければ報文をお送りいたします。

平成25年2月1日     報文掲載

2月1日発行、砥粒加工学会誌 57巻2号の特集『特集 機械加工にまつわる洗浄技術』に、弊社社長安井による報文[機械工場で用いられる洗浄剤と洗浄プロセス]が掲載されています。
内容にご興味を持たれた方はご連絡頂ければ報文をお送りいたします。

平成24年8月1日     報文掲載

8月1日発行、機械と工具、2012年8月号の特集『特集 最新省エネ・環境対応技術』に、弊社社長安井による報文[切削油剤の現状と課題]が掲載されています。
 内容にご興味を持たれた方はご連絡頂ければ報文をお送りいたします。

平成23年2月1日     報文掲載

2月1日発行、砥粒加工学会誌 2月号の特集『環境負荷低減をかなえる水溶性加工油剤』の総論として、弊社社長安井の[水溶性切削・研削油剤の今後の方向性について]が掲載されています。内容にご興味を持たれた方はご連絡頂ければ報文をお送りいたします。

平成22年10月28日    JIMTOF2010

日本国際工作機械見本市平成22年10月27日〜11月2日に開催された日本国際工作機械見本市JIMTOF2010で弊社製品が紹介されました。

弊社製品「アクワオイルLB-10N」が使用されたのは、ホブ盤の老舗・トップメーカー「カシフジ」のホブ盤「KE251」です。

KE251歯切り加工では高速加工が可能なドライ加工や、低速で加工する油性切削油剤によるウェット加工が一般的です。今回の展示は比較的重切削でドライでは工具摩耗が激しく油性を使用していたモジュール5.5の歯車の加工を、より高速で加工するために水系切削油剤を使用するという試みでした。

水系切削油剤で歯切り加工を行うには、機械内部の錆・工具の刃先が欠けるチッピング・工具の摩耗が問題になります。

この問題をカシフジの「KE251」、NACHiの「ハイパーデュアルホブ」と関西化研の「アクワオイル」がクリアいたしました。

ページトップへ ↑