トップページ / 加工事例 / 加工別事例エンドミル
加工事例
エンドミル
 
No.19 機械 MC(オークマMCV−AII)
被削材 A5052 
加工内容 自動車部品の加工
工具 φ18超硬エンドミル
V=6000 rpm 切り込み 2 mm 送り 1000 m/min
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10N
問題点 工具寿命が良くない。
結果 面が良くなった。工具寿命延長。
 
No.18 機械 縦形MC(マキノフライス MCC2013)
被削材 SCM440(生)
加工内容 自動車用金形部品の加工
工具 φ16超硬ボールエンドミル
【回転数】
K社エマルジョン・・・2800rpm
アクワオイルME-10・・・6500rpm
【切り込み】0.2mm
【送り】
K社エマルジョン・・・750mm/min
アクワオイルME-10・・・2500mm/min
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 加工能率を上げたい。
結果 切削速度8倍、工具寿命が5倍、仕上げ面精度は比較にならないほど良くなった。

一定時間加工後の工具摩耗状態(先端部)

   ※写真提供 中村精工(株)(岐阜)

 
No.17 機械 縦形MC(マキノフライス)
被削材 S43C(焼)
加工内容 自動車用部品の加工
工具 φ25ハイスラフィングエンドミル
V=27m/min 切り込み 0.05〜0.08 mm/刃 送り30 mm/min
従来使用油剤 ソリュブル
選定油剤 ME-10
問題点 工具寿命が悪い。
結果 仕上げ面精度が良くなり、工具寿命が約1.5倍に延長した。
 
No.16 機械 MC(森精機 MV-5000)
被削材 A7075
加工内容 航空機部品の切削
工具 φ10ハイスラフィングエンドミル
回転数 5000 rpm 送り 200 mm/min 切り込み幅 10 mm 深さ16 mm
従来使用油剤 油性
選定油剤 ME-10S
問題点 火災の心配、発煙。
結果 仕上げ面良好、溶着無し。 油と同等の切削性。
 
No.15 機械 MC(森精機 MV-5000)
被削材
加工内容 航空機部品の切削
工具 φ7超硬エンドミル
回転数 5000 rpm 送り 150 mm/min 切り込み幅 7mm 深さ 10 mm
従来使用油剤 油性
選定油剤 ME-10S
問題点 火災の心配、発煙。
結果 ムシレ、溶着無し。油と同等の切削性。
 
No.14 機械 MC(マキノV55)
被削材 NAK80(生) SCM415(生)
加工内容 金形加工
工具 エンドミル
V=20m/min  切り込み 1.0〜1.8mm 送り 0.2mm/rev
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 切削性が悪い。
結果 工具寿命が1.5倍延長した。
 
No.13 機械 MC(オークマ)
被削材 S50C(生)
加工内容 金形加工
工具 φ12超硬エンドミル
800rpm
従来使用油剤 油性
選定油剤 ME-10
問題点 発煙、発火の心配。
結果 油性と切削性、工具寿命が同等であった。
 
No.12 機械 MC(オークマ)
被削材 SKD、SS、S50C(生・焼)
加工内容 金形加工
工具 ドリル、エンドミル、ボーリング、リーマ
従来使用油剤 油性
選定油剤 ME-10
問題点 発煙、発火の心配。
結果 問題解消。
 
No.11 機械 縦形MC(オークマMC-40VB)
被削材 ハステロイ
加工内容 ハステロイの溝入れ
工具 φ3.3ハイスエンドミル
回転数 1500 rpm 取り代 0.7 mm 切り込み 0.23 mm/min 送り 80 mm/min
従来使用油剤 クリアタイプ
選定油剤 AF-10
問題点 工具寿命が悪い。
結果 工具寿命が2倍に延長し、大幅にコストダウン。
 
No.10 機械 縦形MC(OKK MCV460)
被削材 インコネルX-750
加工内容 インコネルのエンドミル加工
工具 φ20ハイスラフィングエンドミル
回転数 200 rpm 送りF=10
従来使用油剤 クリアタイプ
選定油剤 AF-10
問題点 ベトツキ
結果 従来の問題を解消。工具寿命が1.3倍に延長し、コストダウン。
 
No.9 機械 縦形MC(三井精機 VS-A)
被削材 SKS-3 (生) SKD-11(生)
加工内容 ゲージ部品の平削り
工具 φ16〜25ハイスエンドミル
周速 35m/min 切り込み 0.1mm
送り 30 mm/min
従来使用油剤 塩素系エマルジョン
選定油剤 AF-10
問題点 塩素系であること。
結果 塩素フリー。工具寿命が2倍に延長、その他性能も良好。
 
No.8 機械 縦形MC
被削材 A5056
加工内容 アルミのエンドミル加工(油性から水溶性へ)
工具 φ5 ハイスエンドミル
回転数 2000 rpm 送り 150 mm/min
従来使用油剤 油性
選定油剤 SK-7
問題点 火災の心配。
結果 良好な結果。水溶性化成功。
 
No.7 機械 縦形MC
被削材 SUS3030
加工内容 溝入れ加工
工具 φ0.3ハイスエンドミル
回転数 8000 rpm  切り込み 0.02 mm 切削長 5 mm
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 SK-7
問題点 工具寿命が短い。
結果 工具寿命が3〜6倍延長した。
 
No.6 機械 MC
被削材 アルミ(17S)
加工内容 通信機部品の外径削り
工具 φ1〜5 ハイスドリル φ0.3 ハイスエンドミル
従来使用油剤 油性(塩素系)
選定油剤 SK-7
問題点 水溶性化したい。
結果 工具寿命と仕上げ面精度が塩素系の従来油剤と同等。
 
No.5 機械 門形MC(MAZAC FJV35/80)
被削材 SUS403(生)
加工内容 精密部品の溝入れ
工具 φ32超硬チップエンドミル
周速 150 m/min  送り 0.25 mm/rev
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 チッピングが多い。泡が出る。
結果 従来の問題を解消。 工具寿命を20%延長、仕上げ面精度が良くなった。
 
No.4 機械 MC(森精機 MV-5000)
被削材 SKD−11(生)
加工内容 治工具部品の切削
工具 φ6〜22 ハイスエンドミル
周速 25 m/min 送り 0.02 mm/1刃 切り込み幅 3 mm
従来使用油剤 アクワオイルME-10S
選定油剤 LB-10N
問題点 洗浄性を良くしたい。
結果 切削性はアクワオイルME-10Sと変わらず良好。切り屑の流れ、エアブローによる切粉離れが良くなった。
 
No.3 機械 MC(森精機 MV-5000)
被削材 A5060
加工内容 工機部品の切削
工具 φ10〜22エンドミル M3タップ(ピッチ0.5)
エンドミル 周速 50 m/min 送り 0.05 mm/1刃 切り込み幅 15mm
タップ 回転数 1000 rpm
従来使用油剤 他社エマルジョン→アクワオイルME-10S
選定油剤 LB-10N
問題点 切削性を良くしたい。
結果 従来油剤はタッピングペーストの塗布が必要であったので生産効率が悪かった。
ME-10Sに切り替えると傷やムシレがなくなり面精度がよくなり、タッピングペーストを塗布しなくても良くなった。更にアクワオイルLB-10Nを試したところ、切削性同等で切り屑の流れ、エアブローによる切粉離れが良くなった。
 
No.2 機械 ラジアルボール盤
被削材 SS400
加工内容 熱交換器の穴あけ
工具 φ18ハイスドリル φ19.4超硬リーマ
ドリル 350 rpm  リーマ 500 rpm
従来使用油剤 水溶性と油性
選定油剤 ME-10
問題点 ドリルは水溶性、リーマは油性を使用していたが面倒である。
結果 油性と切削性、工具寿命が同等であった。
 
No.1 機械 門形MC(オークマ MC-VA)
被削材 S55C(生)
加工内容 モールドベースのエンドミル加工
工具 φ30ハイスラフィングエンドミル
回転数 170 rpm 取り代 35 mm
切り込み 17.5mm/min 送り 40 mm/min
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 AF-10
問題点 工具寿命が悪い。
結果 工具寿命が3倍に延長した。
 

◎ 加工別
ドリル・タップ / エンドミル / リーマ / 旋削 / その他の加工

◎ 製品別
AF-10 / LB-10N / ME-10 / ME-10N / ME-10S / SK-7 / SY-10N

ページトップへ ↑