トップページ / 加工事例 / 製品別事例ME-10N
加工事例
ME-10N
 
No.5 機械 縦形MC
被削材 SKH51
加工内容 小径ドリル加工
工具 NACHI φ1UGパワードリル
【回転数】
3750rpm
【送り】
60mm/min
【深さ】
8mm(止まり穴)
従来使用油剤 他社マイクロエマルジョン
選定油剤 ME-10N
問題点 加工能率を上げたい。
結果 回転数を4125rpm 送りを66mm/minに上げたが従来と同じ工具寿命が得られた。
加工能率が10%アップした。
ME-10Nによる加工の様子
ME-10Nによる加工の様子
 
No.4 機械 MC (大隈豊和 MILLAC761V)
被削材 DH31S  熱処理前
加工内容 タップ テスト加工
工具 M16 タップ   ピッチ 2
S=100 rev/min  F=200 mm/min
従来使用油剤 他社水溶性 (タップ時にはタッピングスプレーのみ)
選定油剤 ME-10N
問題点 タッピングスプレーが必要なので自動化できない。
結果 タッピングスプレー使用  132穴   継続加工可能
ME-10N            200穴   継続加工可能
タップ1本当り従来100穴加工で150穴安定加工の目標クリア。
タッピングペーストが不要になり自動化達成。
工具寿命が1.5倍になった。
 
No.3 機械 NC旋盤(エグロ製)
被削材 SUS630
加工内容 外径旋削 内径旋削
工具 住友電工製 旋削チップ
外径φ69 内径φ50
1,500 rpm
従来使用油剤 他社マイクロエマルジョンタイプ
・アルミ・炭素鋼・合金鋼の加工用
選定油剤 ME-10N
問題点 細かいバリが出て塗装後に手直しが必要。
結果 バリが半減し修正作業が大幅に減少。
刃物交換頻度 16日に一回 ⇒ 30日に一回
加工数量 260個 ⇒ 310個 (約20%アップ)
油剤費用が2倍に増えたが「アクワオイル」に替えるメリットの方が大きい。
 
No.2 機械 MC(オークマMCV−AII)
被削材 A5052 
加工内容 自動車部品の加工
工具 φ18超硬エンドミル
6000 rpm 切り込み 2mm 送り1000mm/min
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10N
問題点 工具寿命が良くない。
結果 面が良くなった。工具寿命延長。
 
No.1 機械 NC旋盤(オークマ LB-15)
被削材 A5052
加工内容 フランジの旋削
工具 サーメット
V=500m/min 切込み 0.2 mm 送り0.07mm/rev
従来使用油剤 水溶性
選定油剤 ME-10N
問題点 ベタツキ、塗料のハガレ。
結果 従来使用油剤は切粉による傷をなくすために0.02mm程度で仕上げをしていたが、ME-10Nは0.1〜0.2で仕上げをしても面精度が抜群に良く、作業効率が大幅にアップした。
 

◎ 加工別
ドリル・タップ / エンドミル / リーマ / 旋削 / その他の加工

◎ 製品別
AF-10 / LB-10N / ME-10 / ME-10N / ME-10S / SK-7 / SY-10N

ページトップへ ↑