トップページ / 加工事例 / 製品別事例ME-10
加工事例
ME-10
 
No.24 機械 タップ専用機(ブラザー工業)
被削材 SS400
加工内容 自動車部品の加工
工具 M10 M15 ハイスタップ
V=15〜20 m/min
従来使用油剤 塩素系エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 塩素系であること。
結果 塩素フリー。 工具寿命が800個から1200個に延長。
 
No.23 機械 MC(マキノMT-110)
被削材 S55C(生) SKD−11(生)
加工内容 自動車用金形の加工
工具 φ9ハイスドリル M10 ハイスタップ
ドリル V=20 m/min 送り 0.2mm/min・貫通
タップ 600 rpm ピッチ 1.25
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 工具寿命が良くない。 腐敗。
結果 下穴の面が良くなりタップのムシレが無くなった。腐敗が解消。 工具寿命が30%延長。
 
No.22 機械 縦形MC(マキノフライス MCC2013)
被削材 SCM440(生)
加工内容 自動車用金形部品の加工
工具 φ16超硬ボールエンドミル
【回転数】
K社エマルジョン・・・2800rpm
アクワオイルME-10・・・6500rpm
【切り込み】0.2mm
【送り】
K社エマルジョン・・・750mm/min
アクワオイルME-10・・・2500mm/min
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 加工能率を上げたい。
結果 切削速度8倍、工具寿命が5倍、仕上げ面精度は比較にならないほど良くなった。

一定時間加工後の工具摩耗状態(先端部)

   ※写真提供 中村精工(株)(岐阜)

 
No.21 機械 縦形MC(マキノフライス)
被削材 S43C(焼)
加工内容 自動車用部品の加工
工具 φ25ハイスラフィングエンドミル
V=27m/min 切り込み 0.05〜0.08 mm/刃 送り30 mm/min
従来使用油剤 ソリュブル
選定油剤 ME-10
問題点 工具寿命が悪い。
結果 仕上げ面精度が良くなり、工具寿命が約1.5倍に延長した。
 
No.20 機械 NC旋盤(オークマ LB-15 ll)
被削材 HPM75
加工内容 金形加工
工具 φ12 ハイスドリル
V=10 m/min
従来使用油剤 シンセティック
選定油剤 ME-10
問題点 切削性がよくない。
結果 仕上げ面精度がよくなった。
 
No.19 機械 MC(オークマ)
被削材 SKD、SS,S50C(生・焼)
加工内容 金形加工
工具 ドリル、エンドミル、ボーリング、リーマ
従来使用油剤 油性
選定油剤 ME-10
問題点 発煙、発火の心配。
結果 問題解消。水溶性化。
 
No.18 機械 MC(マキノV55)
被削材 NAK80(生) SCM415(生)
加工内容 金形加工
工具 エンドミル
V=20 m/min  切り込み 1.0〜1.8mm 送り 0.2mm/rev
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 切削性が悪い。
結果 工具寿命が1.5倍延長した。
 
No.17 機械 MC(オークマ)
被削材 S50C(生)
加工内容 金形加工
工具 φ12 超硬エンドミル
回転数 800 rpm
従来使用油剤 油性
選定油剤 ME-10
問題点 発煙、発火の心配。
結果 油性と切削性、工具寿命が同等。
 
No.16 機械 縦形MC(マキノフライスV55)
被削材 NAK80 SCM415(生)
加工内容 金形加工
工具 φ20ハイスエンドミル
V=20m/min 切り込み 1.0〜1.8mm/刃 送り 0.2 mm/rev
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 工具寿命が悪い。
結果 仕上げ面精度が良くなり、工具寿命が約1.5倍に延長した。
 
No.15 機械 複合旋盤(中村留 WT−150)
被削材 S35C(生)
加工内容 自動車マフラー継手
工具 M8, M10 転造タップ
回転数 700rpm
従来使用油剤 水溶性
選定油剤 ME-10
問題点 工具寿命が良くない。
結果 タップの寿命が2500個から4000個に延長できた。
 
No.14 機械 NC旋盤(オークマ LB-15)
被削材 A5052
加工内容 フランジの旋削
工具 サーメット
V=500 m/min 切り込み 0.2 mm 送り 0.07 mm/rev
従来使用油剤 水溶性
選定油剤 ME-10
問題点 ベタツキ、塗料のハガレ。
結果 従来使用油剤は切粉による傷をなくすために0.02mm程度で仕上げをしていたが、ME-10は0.1〜0.2で仕上げをしても面精度が抜群に良く、作業効率が大幅にアップした。
 
No.13 機械 縦形MC(日立精機 VS-60)
被削材 AC4C(F材) AC4C(T6) AC7C
加工内容 エンジン部品の転造タップ加工
工具 M8 転造タップ(TiCNコーティングハイス)
回転数 2500 rpm 送り 1.25 mm  注液圧力 70気圧
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 刺激・溶解性が悪い・加工後にグリース状のものが残る。
結果 以前にケミカルソリューションタイプ、ソリュブルタイプを試してみたが、最初から面精度が悪く内径が拡大し工具の破損が生じた。汎用エマルジョンでは1000回転以上は上げられなかった。前回使用していた高潤滑エマルジョンは、切削性は良好であったが上記の問題があった。そこでME-10に切り替えたところ、切削性は良好でこれまでの問題は解消した。
 
No.12 機械 タップ専用機(ブラザー工業)
被削材 SS400
加工内容 フランジのタッピング
工具 M10 ハイスタップ
切削速度 20 m/min ピッチ 1.25
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 塩素系であること。
結果 工具寿命が1.5倍に延長。塩素フリー。
 
No.11 機械 MC(森精機 NV5000)
被削材 A5052 
加工内容 フランジのドリル・タップ
工具 M6ハイスタップ
回転数 500 rpm
従来使用油剤 水溶性
選定油剤 ME-10
問題点 切削性が悪い。
結果 従来使用油剤はタップ加工で油かタッピングペーストを使用しなければムシレが生じていたが、ME-10ではその必要がなくなった。
 
No.10 機械 MC(オークマMC-4VA)
被削材 SCM440(生)
加工内容 鋼材の加工
工具 φ20 超硬ドリル
回転数 2000 rpm
従来使用油剤 塩素系エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 塩素系。 工具寿命が悪い。
結果 塩素フリー。 工具寿命が約1.5倍に延長。
 
No.9 機械 NC旋盤
被削材 S45C
加工内容 フォークリフト部品のタップ
工具 φ25.5 超硬ドリル M28〜47タップ
ドリル 900 rpm タップ 300 rpm
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 切削性が悪い。
結果 工具寿命はドリルで2倍に延長。タップの寿命はME-10は230個、従来油剤はタッピングペーストをつけると30から450になる。ME-10に換えてタッピングペーストをつけなくてもよくなったので生産能率がアップした。
 
No.8 機械 ラジアルボール盤
被削材 SS400
加工内容 熱交換器の穴あけ
工具 φ18 ハイスドリル φ19.4 超硬リーマ
ドリル 350 rpm リーマ500 rpm
従来使用油剤 水溶性と油性
選定油剤 ME-10
問題点 ドリルは水溶性、リーマは油性を使用していたが面倒である。
結果 油と切削性、工具寿命が同等。
 
No.7 機械 MC(オークマMCV-B)
被削材 SS400
加工内容 プレス機械土台の加工
工具 φ3.3〜25 ドリル リーマ M4 〜36タップ
ドリル 1200〜2000 rpm リーマ12 m/min タップ 13 m/min
従来使用油剤 塩素系
選定油剤 ME-10
問題点 塩素系、塗装剥離、スカム発生。
結果 切削性アップ。 従来の問題が解消した。
 
No.6 機械 NC旋盤
被削材 SCM材
加工内容 ボールネジのネジ切り
工具 ハイス
回転数 100 rpm
従来使用油剤 油性
選定油剤 ME-10
問題点 発煙、発火の心配。 
結果 作業環境改善。従来油剤、新品チップ250〜300本、再研チップ200本。 
ME-10、新品チップ150本、再研チップ50から100本。 メリットあり。
 
No.5 機械 MC
被削材 SCM材
加工内容 MTギアカバーの油穴ドリル加工
工具 φ1.5 ハイスドリル
回転数 6000 rpm  送り 6/100
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 切削性。
結果 加工能率が40%アップ。機械購入を中止。
 
No.4 機械 NC旋盤
被削材 SCM(生)
加工内容 シャフトの旋削
工具 超硬チップ
回転数 2300 rpm
従来使用油剤 水溶性
選定油剤 ME-10
問題点 手あれ、切削性。
結果 従来の問題が解消した。
 
No.3 機械 門形MC(MAZAC FJV35/80)
被削材 SUS403(生)
加工内容 精密部品の溝入れ
工具 φ32超硬チップエンドミル
周速 150 m/min  送り 0.25 mm/rev
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 チッピングが多い。泡が出る。
結果 従来の問題を解消。 工具寿命を20%延長、仕上げ面精度が良くなった。
 
No.2 機械 横形MC(オークマMC-4VA)
被削材 SCM440(生)
加工内容 鋼材の穴加工
工具 φ20超硬ドリル
切削速度 150 m/min 送り 150 mm/min  深さ 45 mm 貫通
従来使用油剤 エマルジョン
選定油剤 ME-10
問題点 塩素系であること。
結果 工具寿命が1.5倍に延長。塩素フリー。
 
 
No.1 機械 MC (大隈豊和 MILLAC761V)
被削材 DH31S  熱処理前
加工内容 タップ テスト加工
工具 M16 タップ   ピッチ 2
S=100 rev/min  F=200 mm/min
従来使用油剤 他社水溶性 (タップ時にはタッピングスプレーのみ)
問題点 タッピングスプレーが必要なので自動化できない。
結果 タッピングスプレー使用  132穴   継続加工可能
ME-10N            200穴   継続加工可能
タップ1本当り従来100穴加工で150穴安定加工の目標クリア。
自動化達成。
 

◎ 加工別
ドリル・タップ / エンドミル / リーマ / 旋削 / その他の加工

◎ 製品別
AF-10 / LB-10N / ME-10 / ME-10N / ME-10S / SK-7 / SY-10N

ページトップへ ↑